頬のたるみ!エステに行くまえに!!!

「頬のたるみ」を引き起こす要因は複数あるのですが、何より大きなウエイトを占めるのが「咀嚼筋(そしゃくきん)」といっても間違いないでしょう。咀嚼筋とは、その名の通り、物を咀嚼する筋肉。つまり、物を噛むための筋肉です。この咀嚼筋を緩めることで、頬のたるみが解消されます。

頬のたるみとこの咀嚼筋が関係しているんですね。なんか水分が足りなくて、どんどん下に下がっているのかな?なんても思っておましたけど。
咀嚼筋を鍛えながら、ほぐしていくことが、実はめちゃくちゃ大切なことらしいです。一回口の中に入れたら〇〇回噛むとか、一時期流行りましたもんね。全部意味があって、しかも、全部、美容にもつながっているんですね。

とにかく、咀嚼筋を鍛えることで、強いあご作りと顔の筋肉が鍛えられて、顔の周りがシャープになるんだそうです。
歯応えのある食べのものを食べる癖をつけるっていうのも、実は美容につながるってこと???だって、歯応えのある食物を何度も噛むには、上下のあごの骨、咀嚼筋や舌の筋肉、表情筋などを柔軟に動かす必要があるでしょ。そしたら、必然的に、あごや各筋肉が鍛えられ、顔全体がリフトアップにつながるもんね。
?こういうことに注意して、咀嚼筋を鍛えていくとこで、顔のしわ、たるみ、二重あごなどが改善したりするらしいよ。

しかと、口呼吸から鼻呼吸に変わるんだって。これって、運動するとき絶対に言われるから、これも何だか良さそうだわ。口呼吸って、口の中が渇きやすかったり、ベタつきたりするけど、それも解消してくれるんだね。日頃から歯応えのあるものを食べるようにすると免疫機能の向上、脳の覚醒させて、さらにさらには、記憶力アップなどの効果も期待できます。

小顔にしたいって思って、咀嚼筋を調べたら、あれよあれよとたくさんでてきました。とにかく、咀嚼筋をほぐして、鍛えることが美容にも、健康にもかなりの効果があるってことは、間違いなさそうです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする